妻だけが出かけるのを嫌がる夫は意外に多いらしい。

2016年11月20日日曜日

日常 老後の暮らし

t f B! P L



・妻が出かけるといい顔をしない。

・友人とランチへ行ったり、実家に行くのも不機嫌に。

・帰ってきたとき妻が家にいないと嫌がる。


妻が出かけるのを嫌がる夫って意外と多いそうですよ。

そのため夫の定年後は、家からほとんど出られない人もいるようです。


あ~、わたしだけじゃないんだと、ちょっとホッとしました。

わたしの夫も、わたしが出かけるとあまりいい顔しませんから。(笑)

いいよと言われて出かけると、嫌な顔をされたり機嫌が悪くなる。
ダメとは言わないものの、出かけづらい雰囲気を醸し出す。
これこれ。

夫の機嫌を気にしながらの外出は、なかなかゆっくりできませんね。(苦笑)





なぜ夫は妻に家にいて欲しいか


・妻がいないと夫は不安になる。

・自分は一緒に楽しいことをする相手がいないから、ひがんでいる

・夫婦じゃなくて妻に親子関係を求めている

・基本的には一緒に楽しみたい


こんな理由があるそうですよ。


ときめき2016秋冬号の「あなたは夫を置いて旅行できますか?」特集の中で

妻が出かけると不機嫌になる夫への対策として、

夫が仕事などに出かけてから急いで準備をして

自分も出かけるという人がいました。


わたしも今まではこれをやっていました。


でもうちの場合は、夫が職場と家を行ったり来たりしていて

昼食には必ず家に戻ってきます。

だからスキを見てひとりで出かけられる時間は、限られた短い時間。


たまにはわたしも一人で出かけたいんですけど、

夫には、夫を置いてひとりで出かけるっていう意味がよく理解できない感じ。


夫が不機嫌になるから、夫がいる時はなるべく外出はしないようにして

普段は近所のスーパーでの買い物だけにしておこう…。

そんなことを続けていて気づいたら

友人もいないし、身なりも気にしないようなアラフィフ女になってしまいました。


夫の理想をかなえようとすると、友人との旅行やおでかけをあきらめなくてはならない。


人生ってホントあっという間に過ぎていきます。

年齢を重ねるごとに、それはヒシヒシと感じてしまいますね。


もうすぐ50になるわたしにとって

今まで生きてきた年月より、これから生きるであろう年月の方が少ないんですよ。


そう考えると、何だか少し怖くなります。


やりたいことがあるなら今はじめないと。

夫の機嫌なんか気にしている暇はないのですよ。(笑)


夫婦で出かけるのが嫌なわけではありません。


ただ、わたしも一人の人間として

夫や子どもから切り離した行動が、時には取りたいだけなんですけどね。


会ってゆっくり語り合いたい友達だっているんだし。


でもうちの夫だけでなく、

妻のそういった思いを理解できない男の人が多いんだってことが

わかっただけでもちょっと安心しました。


だってうちだけ変なのかと思っていましたから。(笑)


まとめ


でもね、やはりお互い歩み寄るためには話し合いが必要なんですね。

上手くいっている夫婦って、夫婦の会話が多いと思いませんか。


わたしは、これを言うとたぶん機嫌悪くなるから

先回りして考えて、言いたいことも夫に言わないことが多いのです。


まずはそこを何とかして、言いたいことも言える自分にならなければ。


それがクリアできない限りは、わたしの生活はこのまま変わりなく続くことでしょうから。


わたしにとっては難しい課題ではありますが、

これから始まる第二の人生を楽しく生きるためにも

少しずつ壁を崩していきたいと思います。


参考にしています。↓


ときめき2016秋冬号



今日もお読みいただきありがとうございました。

ではまた







管理人 さくら

管理人 さくら
関東在住のアラフィフ主婦です。おうちでホッとひと息ついているときに書いているブログです。

このブログを検索

にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

こちらの記事もどうぞ

QooQ