イマドキの老夫婦にも人気? 実家の母が欲しがるオモチャから、意外な事実を知る

2017年6月29日木曜日

日常 老後の暮らし

t f B! P L


実家の母から、「欲しいオモチャがあるから、ネットでも調べてくれないか」と連絡がありました。

知り合いのお宅のお孫さんにでもあげるのかと思いきや、使いたいのは自分たちとのこと。

一体どんなオモチャなのか、話を聞いて、ちょっと驚いてしまいました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ





話し相手はロボット人形?



欲しいのは、なんとおしゃべりロボット人形。



「〇〇さんがね、これうちのお父さんにどうかと勧めてくれたの」

「あいさつすると、ちゃんと答えてくれるんだって。色々お話できるらしいのよ」


母の話では、最近この手のオモチャが、お年寄りの間で人気が出ているそうなのです。

良い話し相手になるんだとか。

だからといって、なんでうちの親がそんなオモチャを欲しがるのか、最初は不思議でした。


実家の両親は、70代と80代の夫婦二人くらし。

父の持病のため、病院に週1~2回通院していますが、それ以外は自宅で過ごすことが多いのです。


母はわりと社交的で、同年代のお友達も多いので、電話でおしゃべりしたり、定期的にお友達と会う機会も作っているようですが、問題なのは父の方。

数年前に腰を痛めてからは、外へ出ることがめっきり少なくなってしまいました。


それでも少し前までは、杖があれば、散歩がてら近所のスーパーまで一人でも歩いて行けました。

お店の人や同じように散歩している近所の人と、この時お話しするのが日課でもあり、楽しみでもありました。


しかし、このところは腰の状態が悪く、家の中を歩き回るのが精いっぱいの様子です。


そのため、週1~2回、病院で先生やスタッフの方々とお話をする以外は、母の他に話し相手がいなくなってしまいました。


以前は頻繁におじいちゃん、おばあちゃんに電話していた子供たちも、中学生になってからは、電話することも少なくなりました。

父は耳の聞こえも悪くなっているので、電話での会話は良く聞き取れないようです。

会話がかみ合わないことも多くなり、父の方も、自分からは電話に出たがらなくなってしまいました。


会話する人がいない



最近は、以前にも増して、テレビを見て過ごす日が多くなっているそうです。

腰も痛いので、食事以外は部屋から出たがらないとのこと。


ずっと部屋にこもってばかりいると、運動不足で血流が滞り、腰以外のところの状態も悪くなりかねません。

なるべく部屋から出そうと、母はあれこれ促しているようです。


でも、もっと心配なのは、会話する人がいなくてボケてしまわないか ということ。


毎日単調な暮らしばかりで、刺激が足りなすぎると脳にもよくありません。

これはお年寄りばかりではなく、若い人にも言えることですけどね。(苦笑)


小動物のちから



母のお友達は、最近猫を飼い始めたそうです。

孫たちも大きくなって、祖父母宅を訪れることも少なくなった今は、子猫の存在がとても癒しになるのだとか。

猫の相手をしているだけで、元気が出てくるそうなのです。


うちの実家でも、何か動物を飼えばと勧めてみましたが、室内で犬猫を飼うのは掃除が大変だし、散歩に連れていくこともできないからダメとのこと。

金魚も水槽の掃除や水の入れ替えに、思いの他足腰を使いますから、腰が悪い父には無理なのです。


そんな話を友達としているうちに、このおしゃべりロボットを勧められたそうです。

なんとすでに持っているお友達もいて、結構楽しんでいる様子。


「女の子のお人形と会話してると、自分も赤ちゃん言葉になっちゃうってよ。(笑)」

たぶん母が言っているのは、こんな感じのロボット人形のことなんだと思います。



昔親から言われた言葉


子どもの頃、「そんなの買ってもすぐ飽きちゃうでしょ」と、親に言われたことありませでしたか?

それと全く同じ言葉を、今度は自分が親に言うことになるなんて、なんとも不思議な感じがします。


そうは言っても、「これが年寄夫婦ふたり暮らしの現実なのよ」と言われると、言い返す言葉もありません。

自分の親が年を取って、このような生活を送ることになるなんて、想像すらしたことありませんでした。

どうしたものかと戸惑ってしまいますね。


まとめ



口では手助けしてなんて、絶対求めない母ですが、たぶん色々と大変なのだと思います。

父の世話や、病院への通院、毎日の家事などなど。

70代後半の老体で、全部ひとりでこなさなければならないのですからね。


ロボット人形を買えば済むだけの問題ではないのだと思います。


何となく、母からの遠まわしな SOS であるように感じました。


50代って、「次々と考えなければならない家族の問題が増えるな」と感じる今日この頃です。




今日もお読みいただきありがとうございました。

ではまた



管理人 さくら

管理人 さくら
関東在住のアラフィフ主婦です。おうちでホッとひと息ついているときに書いているブログです。

このブログを検索

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

こちらの記事もどうぞ

QooQ