【50代の話】長電話していたころが懐かしい

2021年9月15日水曜日

50代 日常

t f B! P L

定期的に連絡をとりあっている地元の友人がいます。

今日もLineでメッセージのやり取りを1時間ほどしていました。

ちょくちょく連絡とりあっているのに、彼女の声を最後に聞いたのはいつだった?

(゚д゚)!


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

通話しなくなった

以前は電話でよく長話していたのに、最近は電話で会話することはほとんどありません。

余程急な話か、ややこしい説明が必要なときは、「これから電話するよー」ってLineでメッセージを送ってから。

そうそう一年くらい前に、ZOOMのやり方のことで、Line電話したっけ。

それ以来、彼女の生声は聞いていませんね。(笑)

面倒なのにやめない理由

テキストメッセージのやり取りって、ちょっと面倒に感じるときもあります。

わたしは、スマホでメッセージを打つのが苦手なので、会話が長くなりそうなときは、

PC版のLINEから、キーボードで打っています。


PCが近くにないときは、音声入力したり。

そんな面倒なことをするくらいなら、電話にして話せばいいのに、なぜかそうはしないんですよね。

どうしてかな??

(・・?

彼女だけではなくて、他の友達ともそう。

直接電話で話をすることは、全くなくなってしまいました。

たぶん

メッセージでやりとりするのが、当たり前になってしまったからでしょうね。

昔は電話で話すのが当たり前だったように。

通話するのは年寄とだけ

電話ではなしをするのは、スマホがいじれないお年寄りとだけになってしまいました。


あとは、病院とか、どこかに問い合わせたりするときだけ。

最近は、問い合わせや予約なども、ネットですることが多くなりましたからね。

近い将来、電話するなんてことは世の中からなくなってしまうのかも?

まとめ

何時間も友達と長電話していたころが、なんだか懐かしいですね。

留守番電話のメッセージも、いろいろ工夫して変えたりして。


わが家の固定電話が鳴るのは、実家の親から連絡がくるときだけになってしまいました。


むかしは、遠くに暮らす友達とは、文通なんかもしていたけど。

かわいいレターセット、いろいろ持っていたのにな。

(⌒∇⌒)

文通なんて、もう老眼すぎてできませんけどね。(苦笑)

まだLineで文字打っている方が楽かもです。


時代の流れとともに、連絡手段もかわっていきますね。

生のかかわりがなくなっていくのは、ちょっと寂しい気もします。

(´;ω;`)ウゥゥ

でも、やっぱり

直接会って会話できるのが、一番良いなと思います。

(^v^)

早く世の中が落ち着いて、気軽に友達と会える日が来てほしいです。


今日もお読みいただきありがとうございました。

ではまた

管理人 さくら

管理人 さくら
関東在住のアラフィフ主婦です。おうちでホッとひと息ついているときに書いているブログです。

このブログを検索

にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

こちらの記事もどうぞ

QooQ